KAEF - PT. Kimia Farma Tbk

Rp 1.390

-10 (-0,72%)

【ジャカルタ】PT Kimia Farma Tbkは2022年に、生産設備の利用を最適化し、自作原料商業化を行うことによって薬品用輸出資材の依存を13.86%に減らす事に注力していく。

PT Kimia Farma Tbkの生産・供給チェーン担当重役、Andi Prazos氏が現時点で、KAEFは国内ニーズを満たし、国内構成子水準規制(TKDN)を従い、11種類の医薬原料を成功に生産したと語った。通商省の目標によれば、KAEFは2025年まで、21種類の医薬原料を生産しなければならない。

「我々はインドネシアで減ったCOVID-19パンデミックの影響の後、補償戦略に関する次の一歩を既に考慮しました。」とPrazos氏は述べた。当社はオムニチャネルの配布規模をも拡大し、大都会の主要な診療所のサービスを向上し、ホームケアとテレマーケティングサービスを強化し、薬局や診療所やラボラトリーのアウトレットのブランド変更を行っていく。

Prazos氏が2025年にKAEFを世界的製薬業者とインドネシアの大手製薬会社にさせる事を目指す。 (R/AM/ZH)