KOBX - PT. Kobexindo Tractors Tbk

Rp 406

-16 (-4,00%)

【ジャカルタ】PT Kobexindo Tractors Tbk (KOBX)の経営陣はUSD 996,976の2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期にUSD 3,94 million、前年比、295.58%伸びた純利益を記録した。

2022年5月16日(月)の公式声明において、PT Kobexindo Tractors Tbk (KOBX)の取締役社長、Andry B. Limawan氏がこの純利益はUSD 22.56 millionの2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期にUSD 46.52 million、106.23%伸びた収入と伴ったと語った。

その連結売上高は全セグメントの中に最大の貢献者、USD 38.14 million、135%伸びた重機セグメントが支援された。したがって、それは全収入の82%を最大に貢献した。一方、予備部品セグメントはUSD 4.76 million、収入の10.24%を、採鉱請負業者・メンテナンスセグメントはUSD 2.10 million、4.5%を、賃貸セグメントはUSD 1.51 million、3.25%を貢献した。

その連結売上高によって、収入費はUSD 37.57 millionを、粗利益はUSD 8.97 millionを、営業利益はUSD 4.38 millionを、税引き前利益はUSD 4.20 millionを記録された。そして、税引き前利益率は4.66%の2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期に9.03%も伸びた一方で、純利益率は4.44%の2021年第1四半期に比べ、2022年第1四半期に8.51%ほぼ倍増した。

それによって、Limawan氏が特に、採鉱セクターが増えるにつれて、増す重機売買を考慮し、20%伸びる今年の目標を達成出来ると楽観的である。 (NR/AM/ZH)