GMFI - PT. Garuda Maintenance Facility Aero Asia Tbk

Rp 73

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Garuda Maintenance Facility Aero Asia Tbk (GMFI)は2021年にUSD 319 million、50%伸びる収入目標を達成する為、幾つかの戦略を準備している。

GMFIの会社秘書役・法務の副社長、Rian Fajar Isnaeni氏がその戦略は下がった収入の影響を緩和する事を含めると語った。当社はパンデミックの影響を少なく受けたセグメントの事業を拡大出来た。2021年末に他のプロジェクト契機の始まりとなれるよう、期待される国軍の貨物航空機C-130のメンテナンスに関する業務契約を締結した。

産業ガスタービン機関(IGTE)セグメント活動をも積極的に高めた。「ゆっくり回復する航空産業によって、当社はCOVID-19パンデミック中、停留された後、再び、航空機を運航出来るよう、航空機の再活性化契約を確保する機会を持っております。」とIsnaeni氏は2022年5月17日(火)にKontanが引用されたように、述べた。

Isnaeni氏によると、2022年第1四半期の業績は実に回復を見せたそうである。遂に、金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)は積極的な数を記録された一方で、その債務は低下した。当社はコストを削減する為、全ての事業セグメントに効率をも一貫して適用した。2022年第1四半期に産業ガスタービン機関(IGTE)セグメントからJindi South Jambi B Co Ltd及び航空貨物セグメントからK-Mile Airと言う2社の新たな顧客をも得た。その上、キャビン内装品を建て、時間単位電力(PBTH)ラインメンテナンス、時間単位電力(PBTH)構成子サービスを含め、手続きされる幾つかの連携契約をも持っている。 (NR/AM/ZH)