KRAS - PT. Krakatau Steel (Persero) Tbk

Rp 364

-2 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Krakatau Steel (Persero) Tbk (KRAS)は韓国の製鋼、Pohang Iron & Steel Company (Posco)と一緒に設立された合弁会社、PT Krakatau Poscoにおける所有権を増やす計画である。

Karakatau Poscoにおける最高の所有権を確保する為、KRASが行われた投資額はUSD 308 million、IDR 4.5 trillionに及ぶ。その投資によって、当社はKrakatau Poscoの422,800新株Bシリーズを得る。よって、Karakatau PoscoにおけるKRASの所有権は30%から50%に伸びる。

その資本投資はKRASの熱間圧延工場#2(HSM#2)設備の形で行われた。それは1,000万メートルトン(MT)の容量を持っているチレゴンの鋼生産工場のロードマップの間にKRASとPosco間の契約通りである。

現在、熱間圧延工場#2(HSM#2)設備はUSD 246.98 millionの熱間圧延工場#2(HSM#2)プロジェクトのローンファシリティーに関してCommerzbank-AKAに保証される。

2022年3月30日に、KRASはKrakatau Poscoへの資本注入の取引を続行する為、Commerzbank-AKAの支援を正式に得た。そして、その取引額は2021年12月現在、当社の全持分の59%に等しいので、2022年5月19日に株主の承認を求める。 (NR/KR/ZH)