【ジャカルタ】2022年1月〜4月、74.46%を貢献下加工産業は国家輸出額に最大に貢献した。2022年1月〜4月、製造セクターの回漕業績はUSD 69.59 billion以上を記録され、2021年1月〜4月に比べ、29.19%伸びた。

「これは政府が行われた国家経済回復の努力と政策が不確実な世界的経済状態の様々な課題に直面している最中に順調に実行しております。」と工業大臣、Agus Gumiwang Kartasasmita氏は2022年5月18日(水)にジャカルタで述べた。

中央統計局(BPS)のデータによれば、インドネシアは2022年4月にUSD 7.56 billionの貿易収支黒字を再び、記録した。その貿易収支黒字は2022年3月に比べ、2022年4月に66.9%伸びた。

その貿易収支黒字は2022年4月に輸入額より高い輸出額によるものであった。中央統計局(BPS)が2022年4月に、輸出額はUSD 27.32 billionに、輸入額はUSD 19.76 billionに及んだと記録した。

「2022年4月に、製造業の輸出額はUSD 19.08 billionを記録され、2021年4月に比べ、27.92%伸びました。我々はウクライナ-ロシアの紛争の為、世界的供給チェーンの混乱の最中にこの産業セクターの増える輸出の積極的な傾向をできるだけ維持していきます。我々の目標は2022年の輸出業績が2021年のを超えられる事です。」とAgus氏は述べた。

工業大臣が政府は国家輸出の業績を奨励し続ける為、国際的地域で様々なプロモーションを積極的に行い、相互協力や多国間協力を増やしていくと語った。この動量はG20インドネシア大統領職の活動を通じて、活かされる。  (NR/LM)