ANTM - PT. Aneka Tambang Tbk

Rp 1.865

-30 (-1,00%)

【ジャカルタ】鉱業国有持ち株会社の会員、PT Aneka Tambang Tbk (ANTM)又はAntamは2022年第1四半期にIDR 1.47 trillionの純利益を記録した。

2022年第1四半期の純利益はIDR 630.38 billionを記録された2021年第1四半期に比べ、132%伸びた。Antamの会社秘書役、Syarif Faisal Alkadrie氏がその増えた純利益は売上の最適化や増えた世界的物価が支援されたと語った。

「運営上の戦略の適切な実行はAntamのずべての主要な運営上セグメントの利益性を支援します。」とFaisal氏は述べた。

今年、当社は国内ユーザーベースを展開する事に注力していく。2022年第1四半期に、その純売上はIDR 9.75 trillionを記録された。その中に全売上高の76%又はIDR 7.42 trillionは国内売上高によるものであった。

全売上高の60%又はIDR 5.88 trillionを貢献した金売上は2022年第1四半期に当社の売上高の最大の貢献者であった。そして、フェロニッケル売上高は全売上高の19%又はIDR 1.86 trillionを、ニッケル鉱石売上高は全売上高の17%又はIDR 1.62 trillionを、ボーキサイト・アルミナ売上高は全売上高の3%又はIDR 299.40 billionを貢献した。 (NR/KR/ZH)