【ジャカルタ】税収入は2022年4月にIDR 567.69 trillion、51.49%伸びた。その数字は2022年の国家予算に設定された目標の44.88%に等しい。その増えた税収入は増した物価や昨年、記録された低いベースポイントが引き起こされた。

蔵相、Sri Mulyani Indrawati氏が税収入は2022年1月〜4月、IDR 567.69 trillionを記録された。それはIDR 342.48 trillionの非石油ガスセクターの所得税、IDR 192.12 trillionの付加価値税・贅沢品売上税、IDR 30.6 trillionの石油ガスセクターの所得税、IDR 2.43 trillionの財産税・その他税金を含むと語った。

税収入は2022年3月に比べ、2022年4月に迅速な増加を見せた。それはIDR 123 trillionを記録された2022年3月に比べ、2022年4月にIDR 245.2 trillionに増加した。その増加は年税金申告の締切によって定期的に入金された法人年所得税が引き起こされた。

Sri Mulyani氏によると、その増えた物価は過去4ヶ月以内に税収入に影響を大きく与えた要因だそうである。その要因は増えた国内需要の影響を大きくさせた。「その増えた税収入は増した物価が原因です。そして、他の要因は経済回復傾向、幅広い経済成長、向上し続ける国内需要です。」とSri Mulyani氏は2022年5月23日(月)に国家予算の業績・事実の記者会見で説明した。(NR/AM/ZH)