TBIG - PT. Tower Bersama Infrastructure Tbk

Rp 3.120

-100 (-3,00%)

【ジャカルタ】情報通信塔提供業者、PT Tower Bersama Infrastructure Tbk (TBIG)は2022年年中に3,500の新たなテナントを追加する事を有機的に目指す。その追加によって、その収入は8%〜9%に及ぶと予測する。

PT Tower Bersama Infrastructure Tbk (TBIG)の金融担当重役、Helmy Yusman Santoso氏がこれらの新たなテナントは1,200ユニットの新たな塔及び2,300ユニットのコロケーションを含むと語った。「これらの3,500テナントの追加によって、当社は8%〜9%伸びる収入を得ることが出来ます。」とSantoso氏は2022年5月23日(月)の仮想的公暴露で述べた。

PT Tower Bersama Infrastructure Tbk (TBIG)の取締役社長、Herman Setya Budi氏が当社は携帯電話事業者の圧密の最中に好調な見通しがあると分かったと語った。その事業見通しによって、その圧密はオペレーターが開発により注力するよう、奨励させる。斯くて、事業競争もより健全になる。

Budi氏がTBIGは十分な塔数を持っている為、ネットワーク装置を設置する事において携帯電話オペレーターのトップチョイスとして留まると楽観的である。2021年12月現在、塔数は20,578の情報通信サイトに及び、インドネシアの最大の情報通信提供業者となっている。「当社の建設は顧客にとって解決になれるよう、幾つかの基準に注意を支払わながら、慎重に建てられます。それは2021年に1.9xに及んだコロケーション比率を反映されます。」とBudi氏は述べた。

今年、当社はIDR 2 trillion〜IDR 3 trillionの設備投資を割当てる。その殆どはオペレーターの需要やコロケーションセンターや光ファイバーネットワークによって、新たな塔を建てる為、使途される。 (NR/AM/ZH)