【ジャカルタ】エネルギー鉱物資源省は作業認可証を放置した為、産金会社、PT Sorikmas Mining (SM)の運営上認可証を廃棄するよう、促される。それはインドネシアの衆議院第7委員会副会長、Maman Abdurrahman氏が2022年5月23日(月)にエネルギー鉱物資源省とPT Sorikmas Miningとの聴聞会で発表された。

Abdurrahman氏によると、Sorikmas Miningは過去24年間以内に201,600ヘクタールの金鉱活動を行い損なったそうである。その上、ソリクマスの金鉱は北スマトラ、マンダイリン、ナタルにおける違法な鉱区の近くにある。

「エネルギー鉱物資源省の鉱物・石炭総局はインドネシアの採鉱認可証の保持者が所有される鉱物・採炭事業に対する開発と監視を強化すべきです。」とAbdurrahman氏は述べた。

PT Sorikmas Miningの取締役社長、Boyke Poerbaya Arifin氏が当社は幾つかの掘削を行ったと語った。しかし、探査中の間に金備蓄は経済的ではない。「我々は16穴を掘削し、フィージビリティースタディーを行いました。」とArifin氏は付け加えた。

PT Sorikmas Miningは1998年2月19日以降、エネルギー鉱物資源省からマンダイリン、ナタルの採鉱事業認可証を得たと知られる。 (NR/LK/ZH)