【ジャカルタ】法務長官府はHeru Hidayat氏である主な容疑者を持っているPT Asuransi Jiwasraya (Persero)の投資資金汚職事件に関して、PT Trada Alam Minera Tbk (TRAM)の子会社、PT Gunung Bara Utama (GBU)が所有される財産の実行と押収を行った。

TRAMの取締役社長、Soebianto Hidayat氏がその押収は2022年5月18日・19日に行われたと語った。しかし、GBUは法務長官府の実行・検察タスクフォースが行われた押収を拒否した。

「なぜなら、これらの財産はHeru Hidayat氏が所有される物ではなく、当社の子会社、GBUが所有される物です。」とSoebianto氏は述べた。

公式リリースにおいて、Soebianto氏がGBUは拒否書を締結したと語った。「しかし、法務長官府チームはその書類コピーを与えません。」とSoebianto氏は付け加えた。

法務長官府はGBUの財産を取り押さえるだけではなく、現場で運営するサブ請負業者を終了するよう、指示した。それによって、2022年5月18日にGBUの採鉱活動を停留させる。

Soebianto氏が当社は運営上活動を元に戻す為、GBUの権利を保つ為、必要とされる法的手段を考慮すると語った。

情報上、Heru Hidayat氏は2021年12月に汚職裁判所が死刑判決を与えた。そのTRAMの元監査役会長は損失をIDR 22.7 trillionにさせ、汚職犯罪に関する有罪だと証明された。 (NR/KR/ZH)