【ジャカルタ】金融庁(OJK)は2021年12月に比べ、2022年4月に862万名、15.11%伸びた小売投資家を記録した。一方、その増えた投資家数は30歳以下のミレニアル世代が支配されている。

金融庁(OJK)の資本市場監修の最高経営責任者、Hoesen氏がその増えた小売投資家はCOVID-19パンデミックの間に発生したと語った。「全投資家の60.29%はミレニアル世代です。」とHoesen氏は2022年5月27日(金)に引用された統合資本市場社会化・教育に関するプレスリリースに述べた。

Hoesen氏によると、その増えた投資家は不合理な収益を約束する違法な投資に対する警戒を伴われる必要があるそうである。その上、投資家は準備金や基本的なニーズ以外の投資の資金源を賢明に使途し、借り受け金を使途しないよう、忠告する。

東ジャワ州のスラバヤにおける統合資本市場社会化・教育の実行に関して、金融庁(OJK)が東ジャワ州の投資家数は996,574単一投資家識別(SID)の2021年に比べ、2022年4月現在、1,142,505単一投資家識別(SID)、14.64%伸びたと語った。 (NR/LK/LM)