【ジャカルタ】PT Perusahaan Listrik Negara (Persero)の電気売上は2020年12月に比べ、2021年12月にカスタマーサービスの自動的デジタル化システムの実行が支援され、5.08%伸びた。それはPLNの会社通信副社長兼企業の社会的責任、Diah Ayu Permatasari氏が2022年5月31日(火)に引用された情報開示に述べられた。

「以前、多くの人間介入のマニュアルであったPLNのサービスシステムは顧客にとって自動的で早い自動的デジタルシステムに入れ替えました。」とDiah氏は述べた。

Diah氏はPLN Mobile、Yantek Mobile、仮想コマンドセンター(VCC)アプリに謂った。そのデジタルシステム実行は煩雑で遅く複雑で未監視で非効率的で意馬だと見なされてきたPLNの事業過程を抑える。

2021年12月現在、PLNはIDR 368.17 trillionの営業収入を記録した。それはIDR 288.86 trillionを貢献した電気売上事業、IDR 493.43 billionを貢献したカスタマーコネクタ、IDR 49.79 trillionを貢献した電気国庫補助、IDR 24.59 trillionを貢献した報償収入、IDR 4.42 trillionを貢献したその他によるものであった。

2021年12月現在、PLNの顧客数は8,250万名を記録され、7,900万名の2020年に比べ、増加した。そして、その接続電源は143,159メガボルトアンペアの2020年に比べ、2021年に151,985メガボルトアンペアに増加した。 (NR/LK/LM)