ARCI - PT. Archi Indonesia Tbk

Rp 346

-4 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Archi Indonesia Tbk (ARCI)はA・C従来ローン賦払いやMMQファシリティーの償却をリストラし、PT Bank Mandiri (Persero) Tbk (BMRI)からの運転資本ローンをUSD 30 millionに増やす。そのリストラは2018年8月28日に作られた元共通期間契約に対して2022年5月28日に発行された共通期間契約の第4修正によって、行われる。

PT Archi Indonesia Tbk (ARCI)の会社秘書役、Harry Margatan Sopandi氏がこの第4修正は北スラウェシにおけるARCIの子会社、PT Tambang Tondano Nusajaya (TTN)の鉱坑の一つが自然災害の影響を受けた後、必要とされると語った。「その鉱坑の一つの要塞作業は決裂した為、採鉱活動を一時的に停留させました。」とSopandi氏は2022年6月6日(月)に引用された情報開示に述べた。

Sopandi氏によると、その鉱坑修理は当社のキャッシュフローに差し障るそうである。当社はA・C従来ローンの償却予定を2022年5月31日に、MMQファシリティーの償却予定を2025年5月29日に延長することによって金融融通性を持っている。

その修正によって、短期銀行債務はUSD 68 millionからUSD 2 millionに大幅に低下する。一方、長期銀行債務はUSD 188.55 millionからUSD 245.55 millionに増加する。しかし、当社はBMRIからの運転資本ローン全額を使途する場合、その短期銀行債務はUSD 30 millionにも増加する。 (NR/LK/ZH)