MBAP - PT. Mitrabara Adiperdana Tbk

Rp 7.400

+200 (+2,70%)

【ジャカルタ】北カリマンタンの採炭会社、PT Mitrabara Adiperdana Tbk (MBAP)はIDR 641.86 billion又は一株当たりIDR 523の最終配当金を流通する計画である。

MBAPの会社秘書役、Chandra Lautan氏がその計画は2022年6月7日(火)に開催された定時株主総会の結果通りであると語った。その総会で、株主は現金配当として2021年の純利益の約71%を割当てる事に合意した。

idnfinancials.comのデータによると、MBAPは2021会計年度末にUSD 100.57 millionの純利益を記録した。それはIDR 1.47 trillion(USD当たりIDR 14,571.7の為替相場を使用)に等しい。

情報上、MBAPは2021年10月にIDR 414.82 billion又は一株当たりIDR 338の中間配当を流通した後、2021会計年度に、その全現金配当額はIDR 1.06 trillion又は一株当たりIDR 861を記録される。

2022年3月31日現在、MBAPの60%株はPT Wahana Sentosa Cemerlangが支配される。そして、その30%株はPT Wahana Batubara Indonesiaが、その9.71%株は公共投資家が、その残り株はMBAPの経営陣が所有される。 (NR/KR/ZH)