WMUU - PT. Widodo Makmur Unggas Tbk

Rp 141

-3 (-2,00%)

【ジャカルタ】増える飼い鳥の価格は2022年第2四半期に好結果を記録した後、25%伸びる2022年の収入と純利益の目標を達成する事についてPT Widodo Makmur Unggas Tbk (WMUU)を楽観的にさせる。

PT Widodo Makmur Unggas Tbk (WMUU)の最高財務責任者兼最高人間中心設計責任者、Wahyu Andi Susilo氏が今まで、既存の進歩は今年頭に設定された25%の成長目標通りであると説明した。「今まで、当社の経営陣はその目標を達成出来ると楽観的です。」とSusilo氏は先週、Bisnisが引用されたように、述べた。

2022年第1四半期に、当社はIDR 630.45 billionの収入を記録し、IDR 597.43 billionの2021年第1四半期に比べ、5.5%伸びた。しかし、その純利益は2022年第1四半期にIDR 41 billionのみを記録され、の2021年第4四半期に比べ、37.6%低下した。

Susilo氏によると、その下がった純利益はブロイラー価格が急騰した後、減った貿易活動の為、四半期比、31.3%低下したカケスセグメントの業績が原因であったそうである。 (NR/AM/ZH)