MEDC - PT. Medco Energi Internasional Tbk

Rp 630

+5 (+0,79%)

【ジャカルタ】国内格付け機関、Pemeringkat Efek Indonesia (Pefindo)は南スマトラのコリドーブロックPSCの全整理統合や増える石油価格の後、PT Medco Energi Internasional Tbk (MEDC)の格付けを「idAA-」に格上げた。

その格付けはMEDCが発行された証券にも与えられる。現在、MEDCは第4先順位債、第3先順位債、第2先順位債を含め、三つアクティブな証券を持っている。

公表において、PefindoはコリドーブロックPSCの整理統合に対する楽観を見せた。MEDCの資産ポートフォリオを強化出来ると考える。「6,000万〜7,000万バレルの追加年産によって、」とPefindoは書いた。

Pefindoが「idAA-」格付けはインドネシアで最高の資本化を持っている石油ガス会社、MEDCの多様化資産を反映すると説明した。しかし、その水準は適度な金融プロフィールの為、制限されている。

しかし、その格付けは金融プロフィールを保守的に修正する為、MEDCは債務を減らす場合、増加されることが出来る。一方、その格付けは事業プロフィールを強化する戦略を行わず、MEDCの債務が増える場合、低下されることが出来る。

現在、MEDCの収入源の82.4%は石油ガス事業によるものである。そして、電気力発電所は9.2%を、貿易活動は7.2%を、事業は1.1%を貢献する。

2021年12月31日現在、MEDCの株主構成はPT Medco Daya Abadi Lestari(51.88%)、Diamond Bridge Pte Ltd(21.62%)、PT Medco Duta(0.12%)、PT Multifabrindo Gemilang(0.03%)、MEDCの経営陣(0.68%)、公共投資家(25.67%)である。 (NR/KR/ZH)