BBKP - PT. Bank KB Bukopin Tbk

Rp 193

-5 (-3,00%)

【ジャカルタ】国際金融公社はUSD 300 millionのローンファシリティーをシンガポール支社のKB Kookmin Bank Co Ltd (KBSG)とPT Bank KB Bukopin Tbk (BBKP)に与えた。そのローンファシリティーは2022年5月31日・6月10日に徐々に実現された。

PT Bank KB Bukopin Tbk (BBKP)の取締役、Helmi Fakhrudin氏がそのローンの20%はBank Bukopinに、その80%はKB Kookmin Bank Co Ltd (KBHQ)に流通されると語った。「KBHQは当社に貸し付けられるKBSGに資金を貸し付けます。したがって、当社はUSD 300 millionを貰います。」とFakhrudin氏は2022年6月14日(火)に引用された情報開示に述べた。

Bank KB Bukopinは国際金融公社の投資に対して信頼される。その全ローン投資はCOVID-19後の回復を加速する為、社会的指向金融に資金を提供する為、使途される。「当社は環境や社会的分野に対する興味を持っている債務者に融資を流通します。」とFakhrudin氏は述べた。

そのローンファシリティー期間は3年間、その金利は保証無しで140ベーシスポイントを含め、3年間のINDOGBクォーテーションである。そのローンファシリティーは2021年12月現在、IDR 13.20 trillionのBank Bukopinの持分の20%以上、IDR 4.29 trillionに等しい。 (NR/LK/ZH)