【ジャカルタ】増えた三つ商品セクターは2021年にMining Industry Indonesia (MIND ID)の収入を増加させ、その純利益をIDR 14.33 trillion、687%に急上昇させた。

MIND IDの取締役社長、Hendi Prio Santoso氏が2021年中、当社の好調な運営上と業績はパンデミックの最中に国家的経済回復を強化し、加速出来る戦略的セクターの所有者の一人としての言質の形であったと語った。「当社の積極的な業績は特定な戦略企画を行う事において全てのMIND IDグループの相乗効果が支援されました。」とSantoso氏は2022年6月15日(水)にMIND IDの公表に述べた。

2021年中、MIND IDはIDR 93.75 trillionの収入を記録し、IDR 66.75 trillionの2020年に比べ、40%伸びた。その収入に最大に貢献した三つ主要な商品は32%を貢献した石炭、28%を貢献した金、13%貢献した鉛であった。そして、アルミは9%を、フェロニッケルは7%を、ニッケル鉱石は5%を、その他商品は6%を貢献した。

2021年に、その金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)はIDR 28.06 trillionを記録され、149%大幅に伸びた。そして、その純利益はIDR 14.33 trillion、687%急上昇した。 (NR/AM/ZH)