PTPP - PT. Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk

Rp 900

+10 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk (PTPP)と関係する2子会社、PT InfrastrukturとPT PP Tirta Tanah Merahは西ジャワ州のブカシで1秒当たり200リットルの容量を持っているTanah Merahの飲料水供給システムを取り扱う。

PT Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk (PTPP)の運営担当重役、Satya Priambodo氏がその飲料水処理設備プロジェクトの初ポール建立は2022年6月22日に行われたと語った。「このプロジェクトは2023年に完全に運航され、飲料水を民衆に配水出来るよう、期待されます。」とPriambodo氏は2022年6月24日(金)に引用されたプレスリリースに述べた。

Priambodo氏によると、その飲料水処理設備は建材として立方当たり3,500メートルの容量を持っているガラス溶融鋼で備えられるコンクリートを使用するそうである。その飲料水処理設備の運航は監視制御・データ取得(SCADA)を使用する為、その飲料水処理設備は実時間で一日当たり24時間、監視される。

そのプロジェクトはバガサシ、レマアバンの飲料水地方会社(PDAM)の1秒当たり250リットル水を配水する。それは現在、1秒当たり50リットルの給水に比べ、伸びる。 (NR/LK/ZH)