EMTK - PT. Elang Mahkota Teknologi Tbk

Rp 2.110

+70 (+3,00%)

【ジャカルタ】PT Elang Mahkota Teknologi Tbk (EMTK)は発起人株購入制度計画(MESOP)を通じて、経営陣に無料で流通される1億5000万株を発行する。その計画は2022年6月29日(水)に開催される臨時株主総会で決定される。

2022年6月27日(月)に引用された情報開示において、PT Elang Mahkota Teknologi Tbk (EMTK)の会社秘書役、Titin Maria Rusli氏がそのプログラムはその株主総会の承認を得た後、次の5年間以内に行われると語った。「発起人株購入制度計画(MESOP)の参加者に流通される株式は4年間の権利確定期間を持っております。その株式は年毎に25%を徐々に発行されると言う事です。」とTitin氏は述べた。

Titin氏によると、株主はその計画を承認した場合、2018年6月25日に決定された同様なプログラムは直に終了するそうである。当社は2018年に株式分割後、1億4100万株の発起人株購入制度計画(MESOP)を行った。その実現は83,482,000株に及んだ。

2022年5月現在、EMTKの株式を持っている監査役会と取締役会は監査役会長であるEddy K. Sariaatmadja氏、監査役であるSuanto Suwarto氏とFofo Sariaatmadja氏、取締役社長であるAlvin W Sariaatmadja氏、取締役副社長であるSutanto Hartono氏、取締役であるYuslinda Nasution氏、Sutiana Ali氏、Jay Geoffrey Wacher氏、Titi Maria Rusli氏である。 (NR/LK/ZH)