GIAA - PT. Garuda Indonesia (Persero) Tbk

Rp 222

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)は2022年6月27日に中央ジャカルタ地方裁判所の審査員団から承認を得た後、債権者との論争解決(ホモロゲーション)に関する契約を成立した。その批准は運営上活動を加速し、財務構成を調整するGIAAの計画を支援出来るよう、期待される。

PT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)の取締役社長、Irfan Setiaputra氏がこのホモロゲーションは将来的に、業績に関してGaruda Indonesiaの全利害関係者の楽観の顕現であると語った。「それは次の2、3年間以内に業績回復を高める当社の言質通りです。」とSetiaputra氏は2022年6月28日(火)に引用された情報開示に述べた。

裁判所が合意されたGarudaの財務責務の決議は運営上キャッシュフローを通じて、財務責務を完了し、債務を持分に転換し、新長期融資規制を修正し、当社の新証券や持分を発行する事を通じて、リストラスキームを提供する事である。

Setiaputra氏によると、この回復加速は良い見通しを持っている航空路を最適化し、貨物市場やその他の附帯の収入源を最大限し、IDR 7.5 trillionの国家資本参加に関して政府との論議に刺激を与える事を含め、幾つかの戦略を通じて、行われるそうである。 (NR/LK/ZH)