【ジャカルタ】工業省は現状の世界的市場ニーズを満たす製品革新を一緒に作る為、インドネシアと日本の自動車産業者間の連携を容易にし続ける。それは訪日した工業大臣の業務に関する「インドネシア−日本自動車部品ビジネスフォーラム」を開催する事を通じて、実現された。

「このイベントに参加した多くのインドネシア会社と日本会社を拝見する事に誇りに思っております。それは既存の機会を利用する大きな興味を示しまう。無論、それは経済に幅広い影響を与えられるよう、期待されます。」と工業大臣、Agus Gumiwang Kartasasmita氏は2022年6月27日(月)に日本、名古屋で行われたそのイベントで述べた。

工業大臣が約30,000種類の車用部品の中に15%又は4,500種類の部品は中小企業から供給される機会があると語った。しかし、現在、約900種類の部品は中小企業が供給されている。したがって、その百分率を増やす努力を必要とする。その一つは中小企業の自動車部品の資格をより導入する期待によってビジネスフォーラムやビジネスマッチングを行う事である。

そのフォーラムで工業大臣が運輸設備産業は2022年第1四半期に14.2%二桁倍増した優良な業績を記録した。この実績は5.01%の国家的経済成長を超えたと語った。「運輸設備産業の国内総生産への主要な貢献者として、現在、インドネシアに年毎に235万台の生産能力を持っている21社の四輪自動車産業会社があります。」と工業大臣は述べた。 (NR/LM)