INDR - PT. Indo-Rama Synthetics Tbk

Rp 7.775

-75 (-0,96%)

【ジャカルタ】PT Indorama Synthetics Tbk (INDR)は2022年〜2023年、インドネシアとトルコにおける紡績糸を製造する工場の容量を増やす為、USD 120 millionの設備投資を割当てる。

PT Indorama Synthetics Tbk (INDR)の取締役社長、VS Baldwa氏がインドネシアの工場拡大は2023年第2四半期に開始されると語った。一方、トルコの工場拡大は2024年第1四半期に開始される。「アグリゲータ設備投資は2022年〜2023年、USD 115 million〜USD 120 millionに及ぶと予測されます。」とBaldwa氏は2022年6月29日(水)に引用された公暴露で述べた。

2022年・2023年の設備投資の平均はUSD 47 millionの2021年の設備投資に比べ、微増する。2021年に、設備投資の実現はインドネシアとトルコにおける紡績事業の容量を増やす為、使途された。

当社は2022年末まで、USD 945 billionの収入を、USD 60 millionの純利益を獲得出来ると楽観的である。 (NR/LK/ZH)