BUKA - PT. Bukalapak.com Tbk

Rp 300

-14 (-4,67%)

【ジャカルタ】PT Bukalapak.com Tbk (BUKA)は将来的に、財務業績を最適化し、利益性を維持する為、幾つかの厳しい投資基準を用意する。

BUKAの主要な事業焦点ではないにも拘らず、投資はBUKAの他事業を支援し、2022年第1四半期にIDR 14.5 trillionの純利益を成功に記録した。その純利益を支援した投資ポートフォリオの一つはPT Bank Allo Indonesia TBk (BBHI)の共同企業体と一緒に行われた投資であった。

BUKAの取締役社長、Teddy Oetomo氏が当社は十分な現金を持っていると語った。しかし、投資目的用その現金割当は効率的で慎重に流通される。「我々はそれらを勝手に流通する事が駄目なんです。」とOetomo氏は2022年6月29日(水)にidnfinancials.comに述べた。

情報上、BUKAは2021年末にIDR 24.7 trillionの現金を持っていると報告された。2022年3月まで、その中にIDR 4.7 trillionを実現した。それらは銀行債務を返済し、Allo BankとAllo Freshの投資に資金を提供し、キャッシュバーンの為、使途された。

Oetomo氏がBUKAは提供される潜在的投資を評価し続けると付け加えた。特に、本業活動を支援するその投資能力に関する評価や提供される投資の評価に注意を払う。

「我々が予測される事よりその評価は高い場合、我々はその投資を取り下げます。」とOetomo氏は述べた。

2022年6月29日(水)の公暴露において、BUKAの経営陣がIDR 20 trillionに及ぶ当社の残り内部資金は次の10〜15年間以内に事業活動を支援する為、使途されると語った。「我々は収入を高め続けようとしていきます。その戦略の一つは本業が必要とされるインフラを設立する事です。」とOetomo氏は説明した。 (NR/KR/ZH)