【ジャカルタ】PT Asuransi Allianz Life Indonesia (Allianz Life Indonesia)は2021年中、積極的な業績を記録した。その総保険料収入は2021年にIDR 19 trillionを記録され、2020年に比べ、12.3%伸びた。その業績は特に、代理店やバンカシュアランス、様々な流通チャネルによる事業成長が支援された。その積極的な事業成長によって、IDR 42.8 trillionの全資産を記録した。一方、2021年に405%を記録されたリスクベース資本(RBC)比率が測れるその健全な財政は120%の規制必要条件より遥か以上である。

「Allianz Life Indonesiaはより多くのインドネシア人を守る目標を実現する為、言質します。我々は成長や品質や経験である戦略的柱通りに当社の事業や運営を行います。過去2年間以内に困難な時期を乗り切る事において、皆の従業員の安全や健康を常に優先し、顧客や事業連携相手のニーズを満たす解決やサービスを確保し、事業業績を維持しております。」とAllianz Life Indonesiaのカントリーマネージャー兼取締役社長、David Nolan氏は述べた。

Allianz Life Indonesiaは2021年にIDR 13.5 trillionの請求と給付を支払うことによって保護を顧客に提供する言質を証明した。その数字は2020年に比べ、20.4%伸びた。その生命保険と健康保険の請求数は223,000以上の請求に及んだ。

11%伸びた加重新規事業保険料(WNBP)と12%伸びた市場占有率を記録したAllianz Life Indonesiaはマーケットリーダーとなる。その実績は2022年第1四半期まで継続し、10.6%の加重新規事業保険料(WNBP)市場占有率を記録することによって、未だ、最先端にあります。(情報源︰AAJIの2021年第4四半期・2022年第1四半期の報告書) (NR/LM)