WSKT - PT. Waskita Karya (Persero) Tbk

Rp 498

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Waskita Karya (Persero) Tbk (WSKT)の関係会社、PT Waskita Sriwijaya Tol (WST)はPT Sarana Multi Infrastruktur (Persero)からIDR 2.9 trillionのローンファシリティーを得た。

2022年6月30日(水)に引用された情報開示において、WSKTの上級副社長兼会社秘書役、Novianto Ari Nugroho氏がそのローンファシリティーはカユアグン-パレンバン-ベトゥン有料道路のセクション2・3の完了を加速する為、与えられたと語った。「そのローンは2022年6月27日にその融資ファシリティー契約を正式に締結されて以来、次の15年間以内に満期となります。」とNugroho氏は述べた。

Nugroho氏によると、そのローンファシリティーの有効期間と猶予期間は双方がその融資契約を締結された後、60ヶ月であるそうである。Bank Indonesia (BI)の公式ウェブサイト上に投稿されたように、平均3ヶ月JIBORの基準率と言う条件で、その金利は年毎に9.25%に等しい基準率とマージンに設定される。そして、そのマージンはその融資ファシリティー契約を締結される前、二日間に決定される。

PT Waskita Toll Road (WTR)はWTSの99.49%株を所有している。一方、WTRの87.60%株はWSKTが所有される。 (NR/LK/ZH)