WIIM - PT. Wismilak Inti Makmur Tbk

Rp 810

-15 (-1,85%)

【ジャカルタ】PT Wismilah Inti makmur Tbk (WIIM)は一株当たりIDR 21.6又はIDR 45.36 billionの現金配当を流通する計画を発表する。

WIIMの取締役、Krisna T.氏がその計画は2022年6月27日に開催された定時株主総会の結果通りであると語った。その総会で、株主は現金配当として2021会計年度の純利益の25.7%を割当てる事に合意した。

その現金配当は2022年7月7日に予定される記録日に正式に記録された株主に流通される。そして、その現金配当支払いは2022年7月27日に行われる。

idnfinancials.comのデータによると、WIIMは2021年中、IDR 176.7 billionの純利益を記録した。2021年12月31日現在、IDR 792.11 billionの留保利益を、IDR 1.32 trillionの全持分を記録した。

2022年3月31日現在、WIIMの16.14%株はIndahtati Widjajadi氏が支配された。そして、その15.18%株はRonald Walla氏が、その15.18%株はStephen Walla氏が、その9.34%株はGaby Widjajadi氏が、その7.30%株はSugito Winarko氏が、その36.85%株は公共投資家が所有された。 (NR/KR/ZH)