【ジャカルタ】金融庁(OJK)は金融サービスセクターの消費者と公共保護に関するPOJK No. 6/POJK.07/2022に規定されたように、市場行動監修を強化することによって消費者保護を向上し続けるよう、金融サービス事業者に頼んだ。

「金融庁(OJK)は金融サービスセクターの市場行動の実行を強化し、顧客への律儀で透明な情報を奨励する為、金融庁(OJK)は金融庁(OJK)規制2022年第6号に関する市場行動の実行を規定する規制を発行したばかりです。」と金融庁(OJK)の監査役会長、 Wimboh Santoso氏は2022年7月7日(木)にジャカルタで金融サービスセクターのリーダーとの向かい合わせ活動で述べた。

Wimboh氏が金融庁(OJK)規制2022年第6号は消費者への潜在的リスクを評価する為、金融商品やサービスを図り、試作する義務を、公共に金融商品やサービスを導入される前、商品ライフサイクル段階を実行する事を含め、金融サービス事業者を拘束する市場行動に関する規制改善であると説明した。

Wimboh氏によると、この規制実行は消費者保護だけではなく、コストや利得分析を考慮しながら、消費者と金融サービス事業者の権益をも均衡するそうである。期待される結果はその規制実行につれて、金融商品やサービスに関する公共の苦情数が徐々に減少出来る事である。

同じ機会に、Airlangga Hartarto氏はCOVID-19)パンデミックが引き起こされた経済危機から経済を回復する政府を手助けする主要な役割を働いた金融庁(OJK)の業績に関して感謝を述べた。その上、金融サービス産業を安定させ続け、7,000以上に及んだ株価指数や2022年5月に前年比、9.03%伸びた銀行ローンなど、経済回復に貢献した金融庁(OJK)の業績にも感謝した。 (NR/LM)