INCO - PT. Vale Indonesia Tbk

Rp 7.400

+25 (+0,34%)

【ジャカルタ】PT Vale Indonesia Tbk (INCO)は2022年第2四半期に12,567トン、9%低下したニッケルインマット生産量を記録した。

INCOの最高経営責任者兼取締役社長、Febriany Eddy氏がこの減少は生産設備メンテナンスプログラムの結果であったと語った。「タヌール1の屋上を入れ替え、6月頭にメンテナンスの為、運営停留は2022年第1四半期に比べ、2022年第2四半期に生産量を低下させました。」とFebriany氏はインドネシア証券取引所(IDX)における情報開示に述べた。

その上、Febriany氏がタヌール4の再建は2022年第1四半期に比べ、2022年第2四半期に生産量を更なる低下させたと付け加えた。「全体的に、生産量はタヌール4の再建プロジェクトの為、2021年上期に比べ、2022年上期に13%減少しました。」とFebriany氏は述べた。

その最新生産報告において、当社のニッケルインマット生産量は2022年上期に26,394トンを記録された。一方、2021年上期に、それは30,246トンを記録された。 (NR/KR/ZH)