【ジャカルタ】2022年6月8日(水)に開催された2021会計年度の定時株主総会で述べられたように、パワー・新再生可能エネルギーペルタミナサブ持ち株会社(Pertamina NRE)としてPT Pertamina Power Indonesiaは2021年中、積極的な業績を記録した。

財務業績面において、Pertamina NREはUSD 370,984 thousandの連結収入を、USD 81,635 thousandの純利益を、USD 277,390 thousandの連結金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)を成功に記録することによって積極的な業績を見せた。2021年RKAPに対して、連結収入は105%に、連結純利益は114%に、金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)は107%に及んだ。

「我々はペルタミナによって義務付けられたエネルギー変遷を実現する事に注力出来るよう、この積極的な業績はPertamina NREの堅固なチームワーク、株主や利害関係者が提供された支援から引き離されることが出来ません。」とPertamina NREの会社秘書役、Dicky Septriadi氏は述べた。

2021年中、Pertamina NREが達成された幾つかの里程標はペルタミナの中にエネルギー変遷に関する他のペルタミナサブ持ち株会社との合意の頭(HoA)の締結、2 MWpの容量を持っているセイマンケイ太陽光発電所と1.34 MWpの容量を持っている太陽光発電所製油所ユニットチラチャプの営業日を成功に実現する事を含める。 (NR/LM)