【ジャカルタ】通商省は国家的輸出開発総局を通じて、日本の買い手と水産物に関するビジネスマッチング活動を開催した。その活動は2022年7月25日(月)にジャカルタでハイブリッドマナーで行われた。その目的は特に、日本市場の北スラウェシ州(北スラウェシ)の水産物、水産物を促進する為である。その活動は国家的輸出開発総局と北スラウェシ州地方政府と日本貿易振興機構(ジェトロ)と共に行われた。

その活動は北スラウェシ州の5社の漁業会社と3名の日本の買い手が出席された。その上、そのイベントは日本貿易振興機構(ジェトロ)インドネシアの取締役副社長、よしだ・ゆすけ氏、北スラウェシ州の産業・貿易事務所所長、Edwin Kindangen氏、北スラウェシ州の地域人民代表会議の代表者、北スラウェシ州の関税・物品税事務所の代表者が出席された。

「この重要な瞬間を通じて、私はビジネス潜在的を共に行い、それをビジネス結果に変更し、日本の市場に既に所有される漁業市場アクセスに乗じる為、事業者を招きたいと思います。」と通商省の国家的輸出開発総局長、Didi Sumedi氏は述べた。

北スラウェシ州は豊かな水産物資源を持っている州の一つである。その一つは非常に良品質の魚肉の食感と味を持っている最大の輸出品として鮪である。インドネシアの統計データによれば、2022年1月〜5月、日本は米国の次に北スラウェシ州からの水産物に関する第2最大の輸出市場である。2022年1月〜5月、日本への水産物の輸出額はUSD 10 millionを記録された。そして、その主要な水産物は新鮮な黄肌又は冷凍黄肌である。 (NR/LM)