WSKT - PT. Waskita Karya (Persero) Tbk

Rp 498

+12 (+2,00%)

【ジャカルタ】PT Trans Jabar Tol (TJT)は107,090株の発行を通じて、PT Waskita Toll Road (WTR)からIDR 53.54 billionの追加資本を得た。発行されたその全株は親会社としてWTRが取得された。

2022年7月27日(水)に引用された情報開示において、TJTの新株の発行は特に、将来的に業績を最適化出来るよう、期待されるチアウィスカブミ有料道路プロジェクト、融資ニーズを満たす為である。

その取引後、TJTにおけるWTRの所有権は99.99%安定に留まる。しかし、その株式全額はIDR 1.82 trillionからIDR 1.87 trillionに増加する。そして、TJTの残り0.1%株はWaskitaが所有される。情報上、TJTの交渉資本は一株当たりIDR 500,000の価値を持っている6億株を含み、IDR 3 trillionを記録される。

WTRの約92.10%はPT Waskita Karya (Persero) Tbk (WSKT)が所有される。その取引額は2021年12月現在、IDR 15.46 trillionのWSKTの持分の0.35%に、2021年12月現在、IDR 22.25 trillionのWTRの持分の0.24%に等しい。 (NR/LK/ZH)