DILD - PT. Intiland Development Tbk

Rp 180

-5 (-2,78%)

【ジャカルタ】PT Inti Mitbana Development (IMD)はタンゲランにおけるタラガ・バスタリ住宅街プロジェクトを開発する為、IDR 1.1 trillionを投資した。

PT Intiland Development Tbk (DILD)の取締役、Archied Noto Pradono氏がIMDはタラガ・バスタリの新規開発プロジェクトの為、投資を割当てたと語った。「PT Sinar Puspa Persada (SPP)とMitbana Urban Development Fund (MUDF) IIIは合弁会社としてIMDを設立しました。IMDの70%はMUDFが、その30%はSPPが所有されます。」とArchied氏は2022年8月8日(月)に引用された情報開示に述べた。

情報上、SPPの全株はDILDが所有される一方で、MUDF III Pte Ltdは三菱商事とSurbana Jurong Capital Holdings Pte Ltdが設立された会社、Mitbana Fund I Pte Ltdが所有される。IMDの株全額はIDR 10 billionに及ぶ。 (NR/LK/ZH)