TPIA - PT. Chandra Asri Petrochemical Tbk

Rp 2.380

+40 (+1,68%)

【ジャカルタ】PT Chandra Asri Tbk (TPIA)はPT Mobil Anak Bangsa (MAB)が製造されたMD 12 E NF Cityと言う種類の2台の電気バスを運転する。そのバス利用は25.1キログラムの一酸化炭素を削減すると予測される。

2022年8月8日(月)に引用されたプレスリリースにおいて、PT Chandra Asri Tbk (TPIA)の取締役、Suryadi氏がこれらの電気バスは従業員の運輸として運転されると語った。「そのバスの航続距離は完全に充電されたバッテリー状態当たり250キロメートルに及びます。それは直接的な温室効果ガス排出量をも生み出しません。」とSuryadi氏は述べた。

Suryadi氏によると、その電気バス利用はディーゼル燃料利用をも年毎に13,776リットルに削減し、排出量を2,070メトリックキログラムの二酸化炭素を削減するそうである。

Suryadi氏がこの電気バス運転は2030年に炭素排出量を29%に削減する事を支援する事において当社の言質の形であると語った。「51人の乗客の収容を持っているそのバスは2023年に利用し始めます。」とSuryadi氏は述べ続けた。

以前、当社は倉庫地帯の照明ニーズの為、53ユニットの電子フォークリフトとソーラーパネルをも稼働した。 (NR/LK/ZH)