【ジャカルタ】中央統計局(BPS)のデータによると、インドネシアの経済成長は衰態する世界的経済や増えるインフラ圧力のリスクの最中に2022年第2四半期に伸びた。その展開は前年比、5.01%を記録された2022年第1四半期に比べ、2022年第2四半期に前年比、5.44%伸びた経済成長を反映される。

経済業績の加速は特に、家計消費、増える国内国内需要や高く留まる輸出業績が支援される。インドネシアの経済改善は増える全地域における過半数の就業成長をも反映される。これから先、インドネシアの経済回復は増えたモビリティーや融資源や事業活動が支援され、続行すると予測される。しかし、輸出業績に与えた世界的景気減速の影響と増えるインフレの為、家計消費に対する制限潜在的は注意を払われる必要がある。

支出面において、2022年第2四半期の経済成長はほぼ全ての構成分子が支援された。家計消費は前年比、4.34%を記録された2022年第1四半期に比べ、2022年第2四半期に前年比、5.51%伸びた。その積極的な業績はモビリティー制限の緩和や宗教的祝日 (HBKN)の祝いに関する活動につれて、増える公共モビリティーが支援された。

就業において、ほぼ全就業の業績は2022年第2四半期に持続経済改善を見せる。その改善は製造業や運輸・倉庫産業や卸売・小売商産業など幾つかの対外貿易が主に支援された。 (NR/LM)