LPCK - PT. Lippo Cikarang Tbk

Rp 1.210

-10 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Lippo Cikarang Tbk (LPCK)は2022年上期末にIDR 641 billionのマーケティング販売を記録し、2022年末まで達成される目標の約44%に及んだ。

公式リリースによれば、LPCKは今年、IDR 1.45 trillionのマーケティング販売を目指す。詳細的に、一戸建てセグメントはIDR 25 billionを、ウォーターフロントエステーツセグメントはIDR 700 billionを、商業地帯セグメントはIDR 75 billionを、工業地帯セグメントはIDR 650 billionを貢献すると予測される。

しかし、2022年上期に記録されたそのマーケティング販売実現は年間目標の半分も達成していない。一戸建てセグメントのマーケティング販売実現はIDR 45 billionを、ウォーターフロントエステーツセグメントのマーケティング販売実現はIDR 361 billionを、オレンジカウンティセグメントのマーケティング販売実現はIDR 20 billionを、商業地帯セグメントのマーケティング販売実現はIDR 66 billionを、工業地帯セグメントのマーケティング販売実現はIDR 149 billionを記録された。

「我々は2022年の目標を達成する為、2022年下期に弾みを築き続けられるよう、期待します。」とLPCKの最高経営責任者、Rudy Halim氏は述べた。

2022年上期のマーケティング販売はIDR 765 billionに及んだ全収入の83.8%に等しかった。その収入は2021年上期に比べ、19%伸びた。

収入が増えても、純利益は2022年上期にIDR 222.53 billionのみを記録され、2021年上期に比べ、9.6%低下した。 (NR/KR/ZH)