【ジャカルタ】金融庁(OJK)の監査役会員(ADK)はジャカルタの国監査委員会(BPK)オフィスビルでインドネシア共和国監査委員会(BPK)の会長との会合を開催した。その訪問の間に、金融庁(OJK)の監査役会員(ADK)はインドネシア共和国監査委員会(BPK)の会長、Isma Yatun氏とその第2会員、Daniel Lumban Tobing氏とその役員が招き入れられ、金融庁(OJK)のガバナンスや透明性やアカウンタビリティーを向上する為、話し合った。

その会合後、金融庁(OJK)の監査役会長、Mahendra Siregar氏が金融サービスセクター向けの監督当局として金融庁(OJK)の重要さは良好なコーポレートガバナンスや透明性やアカウンタビリティーを向上し続ける事であると語った。

「なぜなら、その規定によって、金融庁(OJK)は益々困難な状態に大変必要とされるガバナンスや全面的な金融システム保全の改善を支援し続ける正腹をも持っております。」とMahendra氏は述べた。

その会合で、Mahendra氏がこれから先、金融庁(OJK)の優先はインドネシア共和国監査委員会(BPK)との連携や相乗効果を強化する事を含めると述べた。Mahendra氏がインドネシア共和国監査委員会(BPK)の監査報告結果に関する全ての勧めを引き継ぐ金融庁(OJK)の言質をも語った。

金融庁(OJK)は金融サービスセクターの安定を維持し、消費者を守る責務を果たす為、省庁との相乗効果や連携を向上し続けていく。 (NR/LM)