【ジャカルタ】インフラに振り回された世界的経済状態において、工業セクターの投資は工業省が発表された35%の輸入代替を支援出来る。原料と中間財の輸入や増えるエネルギー価格はインドネシアへの世界的インフレ伝送を引き起こされることができる。幾つかの輸入はセラミック産業の一つ、国内産業が代替されることが出来るよう、製造業の投資は国内製品の多様化の開発を支援する。

2022年上期に、このサブセクターはIDR 17.7 trillionの四つ投資を記録した。その三つ投資はIDR 3.2 trillionの投資全額を持っているバタンのケンダルとモジョケルト工業団地に広がる。その四つ目投資はIDR 14.5 trillionの初投資額を持っている米国の会社、PT Kohler Manufacturing Indonesiaによるものであった。

「この追加投資は国内生産資源を最適化する為、35%の輸入代替プログラムと共に国家的衛生セラミック供給チェーンの流れを更なる強化出来るよう、期待されます。」と工業大臣、Agus Gumiwang Kartasasmita氏は2022年8月10日(水)にジャカルタで述べた。

現在、ジャワやスマトラに広がるインドネシアの10衛生セラミック産業会社がある。2015年〜2018年、国家的衛生セラミック製品の利用は89%安定な傾向を見せたが、それはCOVID-19パンデミックの原因で下がった需要や世界的景気減速の為、2019年〜2020年、59%減少した。2021年に、それは再び、62%伸びた。一方、衛生セラミック輸出業績は2021年上期に比べ、2022年上期に8.97%も伸びた。

本日(2022年8月10日)、西ジャワ州のチカランにおけるPT Kohler Manufacturing Indonesiaの追加新工場の発足で工業大臣を代表した工業省の化学品・製薬・繊維工業総局長、Ignatius Warsito氏はインドネシアに会社の最大の投資であるIDR 14.5 trillionの投資に関して感謝を述べた。その設備は2022年1月以降、生産され始めており655人の労働力必要性を持っている百万ユニットのキッチンと風呂製品の設置生産能力を持っている。 (NR/LM)