HOKI - PT. Buyung Poetra Sembada Tbk

Rp 130

-2 (-1,54%)

【ジャカルタ】「Topi Koki」と「HOKI」と言うブランドを持っている良質米を生産する上場企業、T Buyung Poetra Sembada Tbk (HOKI)は株主の為、複数有益を提供する。配当金を一貫して流通するだけではなく、「WarungKoki.ID」と言うオンラインアプリプラットフォームを通じて、HOKI製品を購入するとき、株主の為、追加割引をも提供する。株主は通常のプロモーションを控除された後、取引額から5%追加割引を得られる。これはオンラインプラットフォームを通じて、製品割引を株主に提供するインドネシアの米産事業の上場企業が初めてである。

HOKIの取締役、Budiman Susilo氏は「その割引を得る事は大変簡単です。株主はプロフィールコラムにアイデンティティを入力するだけです。買い手はHOKIの株主である場合、そのアプリは直に検知出来ます。株主は取引する時、追加割引から必ず有益を得られるよう、我々は常にデータベースをアップデートしております。」と述べた。

「WarungKoki.ID」は子会社、PT Hoki Distribusi Niaga (HDN)が所有されるオンラインアプリプラットフォームである。それはオンライン取引系小売店の開発を通じて、配布革新である。そのアプリを通じて、買い手はHOKIの米産を購入する為、簡単に取引出来る。普通米だけではなく、健康的米産と言う「DailyMeal Rice」製品と米クリエーションと言う「DailyMeal Eats」製品をも購入出来る。

HOKIは追加割引有益を提供するだけではなく、現金配当をも株主に一貫して流通する。今年、IDR 15.7 billionを記録された2021年の包括利益の約61%又はIDR 9.67 billionの現金配当を流通した。それは26%のみの包括利益を配当金として流通された2021年に比べ、大幅に増加した。その配当金流通は2022年7月27日に開催された定時株主総会の決定通りである。 (NR/LM)