【ジャカルタ】Paxelは2022年6月に閉じられたUS$23 millionのCシリーズ資金調達を成功に得た。

その資金調達の第4ラウンドの投資家はPT Astra Internasional Tbk (ASII)の子会社であるPT Astra Digital Internasional (ADI)、Central Capital Ventures (BCA)、MDI Ventures (Telkom)、SIG、Endeavor Catalyst、FJ Labs、PT Amsaka Investama Prosperousを含む。

「このデジタル事業の投資はデジタルトランスフォーメーションを加速し、公共に革新商品やサービスを提供するAstraの一歩通りです。Paxelはミクロ中小企業を支援する技術系物流新興企業です。この連携はインドネシアのデジタル経済潜在的を最適化する努力の一つになれるよう、期待されます。」とKontanが引用されたように、Astraの取締役社長、Djony Bunarto氏は述べた。

そのCシリーズ資金調達を通じて、Paxelは運営上地帯をジャワ以外に拡大し、ラストマイル低温流通を強化し、ビジネストゥコンシューマーとビジネストゥビジネスを仕える為、低温流通を成就する計画である。その上、持続可能な成長を達成する為、人的資源や技術をも強化していく。 (NR/LM)