AGRO - PT. Bank Raya Indonesia Tbk

Rp 462

-20 (-4,33%)

【ジャカルタ】PT Bank Raya Indonesia Tbk (AGRO)は株主割当発行を通じて、一株当たりIDR 100の額面価値を持っている35億株を発行する。その計画は2022年9月22日に開催される臨時株主総会で決定される。

2022年8月18日(木)に引用された情報開示において、PT Bank Raya Indonesia Tbk (AGRO)の課長、Ajeng Putri Hapsari氏が支配株主、PT BRI (Persero) Tbk (BBRI)は全権利を行使する仮定し、AGROの発行・払込資本はIDR 2.27 trillionからIDR 2.57 trillionに増加すると語った。

その株主割当発行後、AGROにおけるBRIの所有権は85.72%から87.38%に増加する一方で、AGROにおける公共投資家の所有権は14.28%から12.62%に低下する。AGROの公称資本はIDR 6 trillionに留まる一方で、そのポートフォリオの株式はIDR 3.72 trillionからIDR 3.42 trillionに低下する。

その株主割当発行から得た全収益は特に、顧客や顧客予定者向けの融資を拡大し、資本を強化する為、使途される。

「当社は特に、ギグ経済セグメント、新たなビジネスモデルを得る為、堅固な財政基盤を築く計画です。」とAjeng氏は述べた。 (NR/LK/ZH)