KRAS - PT. Krakatau Steel (Persero) Tbk

Rp 352

-4 (-1,14%)

【ジャカルタ】PT Krakatau Steel (Persero) Tbk (KRAS)の利益はUSD 33.02 millionを記録された2021年上期に比べ、2022年上期にUSD 78.65 million、前年比、138.13%伸びた。それは増えた収入と外国為替差益が引き起こされた。

2022年8月31日(水)に引用された2022年上期財務諸表において、PT Krakatau Steel (Persero) Tbk (KRAS)の取締役社長、Silmy Karim氏がその収入は2022年上期にUSD 1.22 billionを記録され、USD 1.05 billionの2021年上期に比べ、増加したと語った。

2022年上期に、その収入の最大の貢献者はUSD 1.19 billionを貢献した鋼鉄製品販売によるものであった。インフラセグメントはUSD 163.67 millionを、建設エンジニアリングセグメントはUSD 5.38 millionを貢献した。

一方、2021年上期に、鋼鉄製品販売はUSD 926.42 millionを、インフラセグメントはUSD 141.66 millionを、建設エンジニアリングセグメントはUSD 15.96 millionを貢献した。

粗利益は2022年上期にUSD 131.21 millionを記録され、USD 128.97 millionの2021年上期に比べ、増加した。そして、営業利益はUSD 70.27 millionの2021年上期に比べ、2022年上期にUSD 78.63 millionに増加した。所得税引き前利益はUSD 43.97 millionの2021年上期に比べ、2022年上期にUSD 92.77 millionにも増加した。 (NR/LK/ZH)