INCO - PT. Vale Indonesia Tbk

Rp 5.650

+25 (+0,44%)

【ジャカルタ】ニッケル採鉱会社、PT Vale Indonesia Tbk (INCO)はバホドピブロックでUSD 1.2 billionのフェロニッケル製造工場を建てる為、China Taiyuan Iron & Steel (Grup) Co, Ltd (TISCO)とShandong Xinhai Technology Co Ltd (Xinhai)と言う2社の中国会社との連携を正式に結成した。

INCOの取締役、Bernardus Irmanto氏がこのプロジェクト投資額はIDR 31.27 trillionに等しい。そして、その株式構成はVALE(47%)、TISCOとXinhai(51%)であると語った。「TISCOとXinhaiはシンガポールで別の合弁会社を設立する計画であると報告されました。その合弁会社はバホドピプロジェクトに入る合弁会社です。」とIrmanto氏は2022年9月6日(火)に記者会見で述べた。

Irmanto氏氏が当社はそのプロジェクトの資金源を考慮し、その資金源の70%は銀行ローン、その30%は各株主の持分によるものであると語った。

バホドピブロックのプロジェクトは年毎に73〜80キロトンのフェロニッケルを生産すると予測される。エネルギー源として液化天然ガスを使用する。 (NR/AM/ZH)