【ジャカルタ】金融庁(OJK)は株式分割及び株式併合を行う計画を持っている新上場企業にとって規制を厳しくする。

2022年9月8日(木)に引用された金融庁(OJK)のウェブサイト上の情報開示において、その施策は2022年8月18日付に上場株式会社の株式分割及び株式併合に関する金融庁規制(POJK)No.15/POJK.04/2022に述べられる。その規制は2022年8月22日に法務人権省が制定された。

その新規制によって、発行者は新規株式公開後、24ヶ月以内に、株主割当発行や私募や合併の後、12ヶ月以内に株式分割及び株式併合を行う事を禁じられる。

その上、株式分割又は株式併合の後、発行者は財政状態を回復する目的以外、株主割当発行を通じて、増資する事を禁じられる。それに、当社は株式併合の為、株式取引単位条件を満たさない一名の買い手を任じなければならない。

インドネシア証券取引所(IDX)で総合株価指数は仕事日の三日間連続以内に10%以上低下し、自然災害や会社に影響を大きく与える出来事が起こる場合、株式分割及び株式併合は次の30日間まで、延期されることが出来る。 (NR/LK/ZH)