KLBF - PT. Kalbe Farma Tbk

Rp 2.050

+10 (+0,49%)

【ジャカルタ】PT Kalbe Farma Tbk (KLBF)は今年、IDR 29 trillion以上、11%伸びる売上高目標を維持する。売上高の主要な貢献者として配布・物流事業を強化する為、幾つかの戦略をも持っている。

PT Kalbe Farma Tbk (KLBF)の取締役社長、Vidjongtius氏が配布・物流セグメントはKLBFの連結純売上の主要な貢献者になると予測されると語った。情報上、2022年上期中、配布・物流セグメントはKLBFの売上高の37%を、営養セグメントは27%を、処方薬セグメントは21%を、ヘルス製品セグメントは15%を貢献した。当社は現在、製品販売を支援する為、インドネシア全土に三つ地域的配布センター、71支社、200,000軒以上のアウトレットを持っている。

配布・物流事業やサービス品質を強化し、倉庫容積を拡大し、より多くの範囲を得る為、サブ卸業者と提携する為、既存の支社の設備を向上し続ける。

情報上、KLBFは今年、IDR 29.15 trillionの売上高を目指す。2021年に、その純売上はIDR 26.26 trillionを記録された。2022年上期に、それはIDR 13.87 trillion、前年比、12.2%伸びた。そして、その純利益はIDR 1.63 trillion、前年比、9.3%伸びた。 (NR/AM/ZH)