TRGU - PT. Cerestar Indonesia Tbk

Rp 220

0 (0%)

【ジャカルタ】長引くロシア−ウクライナ戦争に関して、小麦粉価格の傾向が増える最中に、Cerestarグループの一部である小麦粉の生産業者、PT Cerestar Indonesia Tbk (“TRGU”)は2022年の純利益目標は100%以上に達成出来ると楽観的に留まる。当社が世界的市場の増える小麦価格はインドネシアの小麦粉の需要が毎年、増え続ける為、今年の業績に影響を与えないと楽観的である。中央統計局(BPS)のデータによれば、インドネシアの小麦輸入は2021年に1,143万トンを記録され、2020年に比べ、8.85%伸びた。2022年6月末まで、それは550万トンに及んだ。

増える小麦粉価格に関して、当社は顧客が商品売価を調整する機会を持っているよう、徐々に調整を行っている。「我々は以前の価格で購入された在庫を持っていても、増える価格を通じて、利益を最適化しておりません。顧客は調整をも行われるよう、徐々に調整を行うことにしました。」とPT Cerestar Indonesia Tbkの取締役社長、Indra Irawan氏は述べた。

2022年上期に、TRGUの小麦粉の販売量は242,000 MTを記録され、226,000 MTの2021年上期に比べ、増加した。2022年上期に、当社はIDR 19.69 billionの純利益を記録した。その数字はIDR 20 billionの2022年の純利益目標の99%に等しい。 (NR/LM)