PTPP - PT. Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk

Rp 895

-5 (-0,56%)

【ジャカルタ】スマラン−デマク有料道路セクション2の建設は2022年末に完了される予定である。そのプロジェクト進歩は2022年9月に94.69%に及んだ。

PT. Pembangunan Perumaahan (Persero) Tbk (PTPP)の会社秘書役、Bakhtiyar Effendi氏がこのプロジェクトの作業範囲は9,492キロメートル長さのスラブオンパイル構造、6,144キロメートル長さの埋め戻し作業、0.679キロメートル長さの橋構造を含めると語った。「我々はQHSE(品質・健康・安全・環境)施策を実行する為、このプロジェクトは労働災害無しを記録します。」とBakhtiyar氏は2022年9月26日(月)に引用されたプレスリリースを通じて、述べた。

スマラン−デマク有料道路の建設だけではなく、当社はそのプロジェクトの投資家としても働く。したがって、当社はその建設が設定された目標通り、完了されることができるよう、期待する。

Bakhtiyar氏によると、スマラン−デマク有料道路セクション2はスマランのタングルラウトコタと統合されるそうである。その地域の新連結によって、中部ジャワの新たな経済発展を奨励するだろう。 (NR/LK/ZH)