【ジャカルタ】PT Suryabumi Tunggal Perkasa (STP)は商戦監督委員会(KPPU)によって小規模自作農用20%の土地をTri Hampang Bersatu(THB)農園協同組合に提供するよう、義務付けられる。

「裁判所の間に、委員会の集会がSTPは4,742.14ヘクタールの開墾地の948.42ヘクタールの小規模自作農用土地を提供する義務があると分かります。」と商戦監督委員会(KPPU)の広報・協力局長、Deswin Nur氏は2022年9月28日(水)に引用されたプレスリリースを通じて、述べた。

Deswin氏によると、STPは790.1ヘクタールのみの小規模自作農用土地をTri Hampang Bersatu(THB)農園協同組合に提供したそうである。したがって、STPは未だ、その158.32ヘクタールの土地をTri Hampang Bersatu(THB)農園協同組合に与えなければならない。

「法律によって、20%の小規模自作農用土地を果たされない義務はミクロ中小企業の事業活動に対する裁判上の行為として分類されることができます。」とDeswin氏は述べた。

商戦監督委員会(KPPU)の委員会裁判所がSTPはミクロ中小企業に関するNo.20/2008法第35条第1項を違反したと証明されたと結論付けた。その判断はNo.03/KPPU-K/2021と言う事件で2022年9月27日に行なわれた。

STPは南カリマンタン州のタナ・ブンブにおける大御所椰子農園、Eagle High Plantationグループの傘下にある農園会社であると知られる。 (NR/LK/ZH)