【ジャカルタ】2022年9月27日(火)に行なわれた政府証券のオークションの入り入れ札額はIDR 23.67 trillionを記録された。それは財務省の予算金融リスク管理総局が発表された。

そのオークションで発行された七つシリーズの政府証券があった。その二つシリーズは財務省証券(SPN)であった一方で、その五つシリーズは公共債(ON)であった。

その二つシリーズの財務省証券(SPN)の入り入れ札額はIDR 4.25 trillionを記録された。一方、その五つシリーズの公共債(ON)の入り入れ札額はIDR 19.42 trillionを記録された。

それらの入り入れ札を通じて、インドネシア政府が落札された政府証券額はIDR 10.75 trillionを記録された。それはIDR 19 trillionを設定された指標目標より低かった。

2022年9月13日に、インドネシア政府は政府証券オークションをも行った。その入り入れ札額はIDR 52.06 trillionを、落札された政府証券額はIDR 19 trillionを記録された。 (NR/KR/ZH)