OPMS - PT. Optima Prima Metal Sinergi Tbk

Rp 116

+5 (+4,31%)

【ジャカルタ】PT Optima Prima Metal Sinergi Tbk (OPMS)は2022年上期に、売上高が前年比、38%低下した為、IDR 569.41 millionの損失を記録した。

近時、公表された財務諸表によれば、OPMSの売上高は2022年上期にIDR 14.45 billionを記録された。一方、2021年上期に、それはIDR 23.14 billionを記録された。

2022年上期の売上高はIDR 13.03 billionを貢献した加工金屑製品が支配された。一方、非加工金屑製品はIDR 1.43 billionを貢献した。

それに、一般管理費はIDR 3.03 billionを記録された2021年上期に比べ、2022年上期にIDR 3.49 billion、前年比、15%伸びた。

2022年上期の損失は一株当たり利益を一株当たりIDR 0.44を記録された2021年上期に比べ、2022年上期に一株当たりIDR 0.13に低下させた。 (NR/KR/ZH)